こんにちは!漫画家の青鹿ユウ(@buruban)です(´▽`)
はじめましての方はこちらの人物紹介どうぞ~


TwitterでRTやいいねありがとうございます(´▽`)漫画を読んでもらえてプッシュしてもらえるのとてもうれしいです!
一人でも検診に興味をもってくれたらいいなぁと思ってます。

前回の記事はこちら↓
nyugan_017

 

細胞診受けるよ!

と、いうことで細胞診受けることに決めました。
だって待っている方が怖いし…!(;´Д`)万が一がんだった場合半年放置することになるし!

オット君のがんを通じて知ったことは「標準治療すごいな」だったので
その標準治療を受けられる期間が万が一遅くなってしまったら…!
そう考えると白黒はっきりしてほしくて、細胞診うけることにしました

がんでよく聞く”標準治療”は「今、最良の治療」のこと
標準治療と聞くと「え…普通じゃなくてもっと最高の治療をしてよ!」と思いがちなのですが
これ、言葉の語感が悪いというか…誤解されやすいな、とおもってます。
標準治療=科学的根拠に基づいた今、最良の治療
のことを指します。
沢山の患者さんの経験をもとに「これは一番広くみんなに効く傾向があるぞ!結果を出しやすいぞ!」となったものを標準治療と呼びます。
私も最初「え…標準!?普通のより良いやつにしてください!」と思ったのですが
標準…侮るなかれでした(´▽`)


こちらの説明がわかりやす&ちゃんとした所なのでソースをぺたり
「最先端がいいじゃん!」と思う方に対しての「でもね」ってことや
「標準治療は今最良の治療でもあるけど、違う意味でつかわれることもあるからね」等
注意する点も書いてあるので読んで損なしです(´▽`)完結、簡単にまとめてあって読みやすい!


検診に推奨年齢があるわけ

乳がんに限らずですが、検診には「〇歳以上推奨」なるものが沢山あります。
そして、国から「格安もしくは無料」で検診が受けられるよ!といった「クーポン」が配れる部位もあります。
市町村で若干違ったりもしますが、大きくこちらのクーポンやお知らせが郵便ポストに入っていた経験はありませんか?

子宮頸がん 乳がん 大腸がん 胃がん 肺がん…etc

そして、それらには「推奨年齢」があり、年齢に達するとクーポンでも検診を受けられる仕組みになっています。
乳がん検診は40歳~と推奨されていて、40歳になるとクーポンが配布されるケースが多いと思います(私が住んでいる所でも毎年年齢に合った健診、検診のクーポンが送られてきます)

でも30歳以上からリスクが高まってくるのになぜ40歳からなの?
1%でもリスクがあるならむしろ20歳からうけたらどうなの?
今若い人の乳がん増えてるっていうじゃない?
…最初は私もそう思いました。

検診にもリスクがある

おススメしておいてなんですが(笑)
検診にはリスクがあります。リスクというと大げさに聞こえますが、採血の注射一つうつのだって痛いですよね。痛みというリスクですよね。

推奨年齢がある場合は
「〇歳からは検診の受けたリスク(痛みや精神的苦痛等)よりも受けなかったリスク(病気に気づかない)の方が大きいので推奨します」
という仕組みになっているそうです。

乳がんに絞って話をすると
40歳未満の乳がん検診は「20~30代は検診時の不利益の方が大きい可能性があるので、検診の利益が上回る40歳以上から推奨する」ということになります。

ただし、家系や体質的に乳がんリスクのもともと高い方や、乳がん疑いがある方などは違います。最大公約数的に配られるクーポンをまたず、個人で医師と相談して検診をしたり
かかりつけ医をみつけておくことをおススメします。

リスクに含まれる偽陽性の問題

偽陽性=本来は陰性(なんでもない)のに陽性(なにかある)と出てしまうこと。

がん検診を受けると一定の割合で「疑わしき」がみつかる場合があります。そうするとより精密な検査を受けるか、お医者さんの判断によって経過観察をするかを提示されます。
まさに上記の私の状態ですね。

そして、それを言われた衝撃や精密検査をうけるなら追加検査の痛み、検査結果が出るまでの精神的不安、検査費。
これらは「偽陽性だった場合、この期間に受けた肉体的、精神的苦痛は検査さえしなければ受けることはなかった」ものです。

乳がん検診は「20代や30代は偽陽性が出やすいので、検診の意義よりリスクが上回る傾向がある」
よって「リスクより意義が上回る40歳からが望ましい」となります。

やみくもに検診をすると、それはそれで不安になります。さらに過剰診断になる恐れもあります(こちらは最近遺伝的要素の確率が高いから…などのデータもあるので賛否両論ですが…)

適度に自分の体に興味を持とう

自分の健康に不安になりすぎても、それはそれで精神的によくありません。ストレスは万病の元ともいわれていますし、不安になって良いことなんて一つもありません。
かといって自分の体に無関心すぎてもダメだとおもいます。

「忙しいからなぁ」なんて人は「検診推奨年齢」を一つの検診を受ける切っ掛けに。
「でもなにかあったら怖いし…若いからってなにもしなくていいのかなぁ…」なんて方は
年1の健康診断や乳がんなら20代から推奨されている「月に1度のセルフチェック」を行ってみてはいかがでしょうか(´▽`)
自分の性格にあった「自分自身への興味のもちかた」が大事だな…と思っています。


次は「細胞診」のお話です。
マンモやエコーは聞いたことあった私ですが「細胞診」は初めて聞いた言葉。
次回は一般人が感じた「リスク」のお話を描こうかと思います。また読んでもらえたらうれしいです。
ではでは~!(´▽`)ノシ


続き描きました!↓



クリックで応援して頂けたら嬉しいです。
次の更新のはげみになります~!


人気ブログランキング

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

LINEスタンプ発売中(´▽`)
あなたのやる気のお手伝い
言ったからにやるぞ!楽しく崖っぷちスタンプです。
sutanpu