こんにちは!漫画家の青鹿ユウ(@buruban)です(´▽`)
はじめましての方はこちらの人物紹介どうぞ~


 TwitterでRTやいいねありがとうございます(´▽`)読んで頂けるのとてもはげみになります~!

前回の記事はこちら↓
nyugan_018


検索しすぎてしまう問題

やっちゃいけないと思いつつ…やってしまいますよねぇ…。
第二の患者となった時もさんざん検索魔をしてしまって落ち込んでしまったり、よけい迷ってしまったりしたと言うのに…。

ソースはどこかな?

それまで、私がネットで検索をするといえばショッピングサイトや漫画の資料探し
趣味についてのみんなの感想など、特に生活や心を蝕むものはなかったのですが
家族が「がん」になった時初めて病気について検索を必死にした所、「〇〇を食べれば」とか「〇〇の人は大変な目にあう」的な刺激的なサイトが検索上位にヒットしたり
知らず知らずに根も葉もない刺激的なサイトばかりを渡り歩いてしまうことがありました。

でも、その後お医者さんと患者さん(オット君)と二人三脚で病気に立ち向かったり
生活をしていく内に「検索のこつ」みたいなものが見えてきました。

私はがんについてしかお話出来ないのですが、当時お医者さんにおススメされた検索方法は

「国が発表しているサイト」「がん専門病院」「がん診療連携拠点病院」などが発表している情報にまず目を向けると良いと教わりました。

ソースがしっかりしている所をまず軸に。そして患者さんや、患者さんの看病に直接かかわる人の気持ち、主治医の意見も考慮して。
そうやって考えたり組んだ治療や知識が大事ではないですか?と

ちなみに、耳慣れない「がん診療連携拠点病院」とは

全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、全国にがん診療連携拠点病院を401箇所、地域がん診療病院を36箇所、指定しています(平成30年4月1日現在)。
また、質の高い小児がん医療及び支援を受けることができるよう、全国に小児がん拠点病院を15箇所指定し、小児がん拠点病院を牽引し、全国の小児がん医療の質を向上させるよう、小児がん中央機関を2箇所指定しています(平成29年1月23日現在)。
専門的ながん医療の提供、地域のがん診療の連携協力体制の構築、がん患者に対する相談支援及び情報提供等を行っています。
がんについて強い病院のことです。
厚生労働省のページに拠点病院の一覧表とかものっているのでよろしければ是非↓
それとこちらの「国立がん研究センター」が発信してるサイトも
細かく検索できて「どこの病院が自分に合ってるか?」「通える距離にある病院は?」とか探しやすくて良い!↓

…まぁそうは言っても

オット君の看病の時に沢山学んだはずなのに、いざ自分に病気疑いが見つかると
なかなかうまく行きませんよね;
その気持ちもすごいわかるので、ほどほどに…。
絶対絶対しちゃだめ!そんなことしてもなんの得にもならない!って責められるのもつらいので…。

その気持ちもすごいわかる。だから程よく。信頼のあるサイトも同じぐらい読んでみよう…って感じで(´▽`)

あと、個人のサイトはそれはそれで気持ちによりそうものだったり
施術する側でなく受けた側だから感じる率直な意見や本音がかかれていて
「ああ、同じように感じる人がいるんだな」ととても癒される部分もあるので!

私も、自分のブログでは「なるほど。同じように思う人がいるな」とか「似たような立場だけど、こんな風に思う人もいるのか」「こんな気持ちになったりするんだね」と
寄り添えたり、時には観察してもらったりして、少しでもなにか気持ちのお役に立てればと思ってます(´▽`)


では!ど緊張のまま挑んだ細胞診。このあと先生にも看護婦さんにもめちゃくちゃ心配されました(笑)そこらあたりの漫画をかけたらいいなーと思います(誇張でなく、本当顔面真っ白だったようですw)

また次回お会いできたら嬉しいです。ではでは~!(´▽`)ノシ

続き描きました↓

クリックで応援して頂けたら嬉しいです。
次の更新のはげみになります~!


人気ブログランキング

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

LINEスタンプ発売中(´▽`)
あなたのやる気のお手伝い
言ったからにやるぞ!楽しく崖っぷちスタンプです。
sutanpu