こんにちは!漫画家の青鹿ユウ(@buruban)です(´▽`)
はじめましての方はこちらの人物紹介どうぞ~


いつもTwitterでRTやいいねありがとうございます(´▽`)すごく励みになります!

こちら前回のお話↓

nyugan_020
 

そうは言っても不信感

前回、先生に色々怖くないよーって理屈で教えてもらったけど
再検査までに検索魔してさんざん「痛いよ痛いよ」って知識を入れ込んでしまったので
「…まぁ…そうはいいますが~…やる方は「平気平気w」っていうけどやられる方は痛いやつでしょ…」ってどんよりしてました。

先生はなるべく説得力あるように「今日も何人も細胞診受けてますけど、中待合室まで悲鳴聞こえました?」とか「支えが必要なほどヨロヨロしてる患者さんいました?(´▽`)」と穏やかに恐怖心をとってくれようとしました。

まぁ~…!!!前日からがっつり想像の痛みで恐怖武装してた私の耳になんて届かなかったですけどね!!!(笑)先生ごめんなさい…!!!

こういう思いを(勝手に)することをちゃんと加味して「検診とリスク」を考えているんだろなぁ…と全部終わった後なら理解できます…。先生ごめんなさい(二度目)


細胞診の前にエコー

さて。いよいよ細胞診。どうやって針を刺すのかな?ってことなのですが。
この時も細胞診の器具をちゃんと見せてくれながら説明してくれました。

私の想像だと「細胞を取る」は「採血みたいな感じでぶすーっとゆっくり奥までさしてちゅーっと吸う」みたいなイメージだったのですが、先生はピアッサーみたいな形の注射器(?)を見せて説明してくれました。
「採血のようにゆっくりさしてゆっくり吸う感じではなく、パッと取ってパッと終わる感じですよ」

…長くかかるわけではないの…かな?
ちなみに、おっぱいの中にある気になるしこりをどうやって見るんですか?と聞いた所
「エコーで場所を確認して採取します」

とのこと。
さっそく前回エコーをしたベッドに寝て、エコーをうけました。
今回私の気になる箇所は三か所。右1か所左2か所です。
なにやらおっぱに直接ペンのようなもので印をつけました。

体を固くしていた私に「見えると怖いタイプでしたら顔にタオル乗せておきましょうか?」の配慮を頂いたので
ありがたく受け取ることに…!
検診うけに行く前は「よーし!体験レポ描こうと思うからしっかりメモしたり見てくるぞ!」と意気込んでいきましたが
あっさり「豆腐メンタルなのでタオルお願いします!!!」とお願いしました(笑)

動くとダメ

「動くと採る場所がずれてしまうことがあるので、絶対に動かないでくださいね」とタオルごしに聞こえる注意事項…。
しまった…視界が遮られた事によりそれはそれで恐怖心が…いやでも今更タオル取るのも怖い…見えないのも怖い…というかもう朝からなにされても怖い…。

完全に自分自身が生み出した恐怖でどうやってもガチガチの私。

かちゃかちゃとなにかする音が聞こえ「はい、ではいきますねー」と

ああ…そんなあっさりと…!!!!


次回細胞診やってみた感想です。
そろそろ乳がん検診レポも終わりに近づいてきました(´▽`)もう少しお付き合い頂けたら嬉しいです。
ではでは~(´▽`)ノシ

続き描きました↓




こちら登録して頂くと
鹿ログの更新通知がラインで届きます是非どうぞー!

クリックで応援して頂けたら嬉しいです。
次の更新のはげみになります~!


にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ

LINEスタンプ発売中(´▽`)
あなたのやる気のお手伝い
言ったからにやるぞ!楽しく崖っぷちスタンプです。
sutanpu