漫画家の青鹿ユウ(@buruban)です(´▽`)
はじめましての方はこちらの人物紹介どうぞ

前回の記事はこちら↓

聞いて!!

12月26日!!ふーみんフォーク使ってお口に食べ物を入れたよーー!!!
凄い!!!お口に!!入れた!!!!(ゴックンはしていないけどw)
その時のことをマンガに描いてみました!
ikuzi_139
ikuzi_140
ikuzi_141

オット君が挑戦させてくれてた

相変わらず離乳食は苦戦中のふーみん。
最近はつかみ食べのおやきは食べるんだけどそれ以外は…うーん……。
ころころした固形も嫌がるし、ふわふわ肉団子とかもべーしてしまう。
まぁ…もう…な…焦ってもしょうがないわ…(;´Д`)ってあまり新しいことに挑戦もしなくなっていました。
とりあえず、お子様用のスプーンとフォークは与えていたけど打ち鳴らすぐらいで。
遊び用に与えているぐらい(もちろん大人が見ている所限定ですが)。

その日は後から合流するねーってことで
オット君がふーみんにご飯を先にあげてくれてました。
離乳食を作ったりそろえたりするのは苦手なのですが
セットさえ私がしておけば上げることはオット君におまかせ出来るので
のんびり合流すると…

フォークとお皿を持っているふーみん。
あら?遊んでるの?食べてないの??と聞いたら
「いや?フォークで食べてるよ?」

ま、まじかーーーー!?え!?フォークよ!?!?フォーク!道具だよ!?
そもそも食べ物を口に運ぶのだって大変なのに自分で運ぶの!?うっそだーー!!!

食い気味で「見たい!!」といったら、食べ物を刺す補助だけしてあげるオット君。
(ちなみに食パンをちぎったものを刺して食べてたw)

た、食べたーーー!!自分から!!!口に!もっていった!!!


え!?私全然知らなかったというか、ふーみんを侮ってた。
どうせできないだろう…って挑戦すらさせてなかった…!!!!

おや…もしかして?の芽を楽しみにしてくれている

オット君「あー…まぁ、でもユウだと甘えたりしてやりたいって意志出してなかった可能性あるんじゃない?
僕たまにあげるから気分が違ったのかもよ?
最初はフォークで遊んでたんだけど、たまに自分からお口にもっていってたからさ。
これはもしかしたら食べるかなー?って。
この間もできてたから、これからは挑戦させてあげてもいいかもね(´▽`)」

日中ふーみんの生活を見るのは主に私の役割で。
育児書を読んで挑戦を促してみたり…なるべくやっているつもりなのですが
こうやって私以外にもふーみんの成長を楽しみに、注意を払ってみてくれている人がいる!

父親なんだから当たり前でしょ?って言われるかもだけど
私自身ふーみんの生活を見てて見逃してしまう挑戦の芽が沢山あるから
これって当たり前じゃないんだよね。
とっても難しいことだと私は思ってる(少なくとも私は難しいなーって思いながらやってる)

その芽を見つけようとしてくれる人がいるってとっても嬉しいなーと思いました。

私以外の人からきく「ふーみんね。こんなこと出来るようなっているみたい」
は心強さを感じるんだな(´▽`)と思いました。

なるべく、見逃さず挑戦させてあげていきたいけど
限界もあるし一人ではとても荷が重い。
でもこうやって見せてくれる人がいる。
ふーみんの成長とふーみんの芽を見つけてくれたこと
二重に嬉しい気持ちになった日でした。



オット君の新連載です面白いのでぜひ↓
私の看病エッセイが本になりました
登録して頂くとラインで鹿ログの通知が届きます是非ご利用ください♪

LINEスタンプ発売中(´▽`)
あなたのやる気のお手伝い
言ったからにやるぞ!楽しく崖っぷちスタンプです。
sutanpu